産後の効果的なムダ毛処理の方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠中に胎児の体に女性ホルモンが行き渡る影響により、産後は男性ホルモンの割合が増します。

なので、妊娠中から産後はホルモンバランスが不安定な状態となるので、妊娠前より肌が敏感な状態となります。

そのため、産後は肌が痒みを伴いやすく外部からの刺激を受けやすいので、肌が乾燥しやすくなります。

よって、産後から日が浅いうちはムダ毛処理より赤ちゃんの面倒を見る時間を優先するのが、肌にとって安全となりやすいです。

なぜなら、自己処理によってムダ毛処理を施すと、肌に余計な刺激を与えることで肌のトラブルを招きやすいからです。

さらに、毛抜きや脱毛テープのような毛を抜く自己処理だと、皮膚の中に毛が残る可能性もなるので毛のトラブルに追われます。

ホルモンバランスが改善されてから処理しよう

産後してから時が経つとホルモンバランスが妊娠前と同じ状態となるので、ホルモンバランスが改善されてからムダ毛処理を行うのがお勧めになります。

なぜなら、ホルモンバランスが乱れてると肌の状態が正常でなくなるだけでなく、妊娠前と比べて濃いムダ毛が増えるからです。

その影響により、剃刀でムダ毛処理を行うと力の加減に悩まされる形となるので、剃刀負けや深剃りによって肌を大きく傷つけやすいです。

よって、産後に効果的なムダ毛処理を施す場合、ホルモンバランスが改善されてからムダ毛処理を行うことで、妊娠前みたいに自己処理を施すことが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*