ワキガになる原因と脱毛によってワキガが改善される理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガの原因となるアポクリン腺は、脇毛と一体化しているので脇の肌の刺激を受けやすいです。

そのため、自己処理によって脇の肌を傷つけるとアポクリン腺が活発化するので、アポクリン腺から出る汗が増えます。

また、エクリン汗腺は一般の汗を出しますが、アポクリン腺の汗と混じることでワキガの臭いを発します。

しかし、エクリン汗腺の汗は汗臭さしかないので、ワキガの原因を作り出しているのは主にアポクリン腺となります。

なぜなら、アポクリン腺の汗には水分以外にたんぱく質やアンモニアも含まれるからです。

そのため、脇毛の自己処理によって脇の肌と毛穴を傷つけると、脇が赤く腫れるだけでなく汗を多く出すようになります。

よって、脇毛の自己処理のやり方次第ではワキガを進行させることになるので、サロンやクリニックで脇毛を脱毛してもらうのが安全となります。

その上、脱毛施設による脱毛は脇へのダメージを減らすことができるので、アポクリン腺を活発化させる恐れが無くなります。

脱毛施設では永久脱毛を施せる

また、脱毛施設では永久脱毛を施せるので、自己処理と違って脇毛を無くすことができます。

特に、ニードル脱毛を受ければ一度受けただけで脇毛を無くすことができますが、強い痛みに我慢する必要があります。

なので、光脱毛やレーザー脱毛の方が、ニードル脱毛より痛みに我慢せずに済みます。

よって、光脱毛やレーザー脱毛を受けるほど脇をツルツルにできる他にも、脇毛が無くなる影響によりワキガの臭いを改善することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*