埋没毛ができる原因とレーザー脱毛での処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、毛が出てこれなくなるので皮膚の中で毛が成長する状態の毛となります。

なぜなら、無駄毛を処理する際に毛抜きや剃刀で肌を傷つけながら行うと、角質を削ることになるからです。

そのため、肌の表面を傷つけることになるので、毛が正常に外に出てこなくなります。

なので、肌を傷つけずに自己処理を施すと、埋没毛に困らされることなく無駄毛を処理することが可能となります。

けれども、自己処理に慣れないと肌を傷つけずに無駄毛を処理するのが困難とされます。

特に、自己処理に割く時間を短く設定する人が埋没毛に悩まされやすいです。

自己処理は肌を傷つけやすい

また、歳をとるにつれて肌が乾燥しやすくなるので、必然的に自己処理によって肌を傷つけやすくなる傾向にあります。

なので、埋没毛ができても処理方法として、クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

レーザー脱毛は、医療器具を使って埋没毛を肌の表面に出して、レーザーを肌に照射するので埋没毛を処理するのに適している方法となります。

さらに、レーザー脱毛は埋没毛を放置したままの状態であっても、毛嚢炎を治療することもできます。

他にも、色素沈着を治療することができるので、肌を綺麗にしながら埋没毛を処理するだけでなく、肌を綺麗にできます。

その上、レーザー脱毛は受ける回数が多くなるにつれて無駄毛が生えにくくなるので、自己処理を施す回数を減らすことに繋がります。

つまり、埋没毛はレーザー脱毛で処理することで誤った自己処理によって肌を傷つける恐れが無くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*