2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因と脱毛によってワキガが改善される理屈

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
ワキガの原因となるアポクリン腺は、脇毛と一体化しているので脇の肌の刺激を受けやすいです。

そのため、自己処理によって脇の肌を傷つけるとアポクリン腺が活発化するので、アポクリン腺から出る汗が増えます。

また、エクリン汗腺は一般の汗を出しますが、アポクリン腺の汗と混じることでワキガの臭いを発します。

しかし、エクリン汗腺の汗は汗臭さしかないので、ワキガの原因を作り出しているのは主にアポクリン腺となります。

なぜなら、アポクリン腺の汗には水分以外にたんぱく質やアンモニアも含まれるからです。

そのため、脇毛の自己処理によって脇の肌と毛穴を傷つけると、脇が赤く腫れるだけでなく汗を多く出すようになります。

よって、脇毛の自己処理のやり方次第ではワキガを進行させることになるので、サロンやクリニックで脇毛を脱毛してもらうのが安全となります。

その上、脱毛施設による脱毛は脇へのダメージを減らすことができるので、アポクリン腺を活発化させる恐れが無くなります。

脱毛施設では永久脱毛を施せる

また、脱毛施設では永久脱毛を施せるので、自己処理と違って脇毛を無くすことができます。

特に、ニードル脱毛を受ければ一度受けただけで脇毛を無くすことができますが、強い痛みに我慢する必要があります。

なので、光脱毛やレーザー脱毛の方が、ニードル脱毛より痛みに我慢せずに済みます。

よって、光脱毛やレーザー脱毛を受けるほど脇をツルツルにできる他にも、脇毛が無くなる影響によりワキガの臭いを改善することができます。

アンダーヘアの脱毛はいろいろな形にできる

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
脱毛というと、基本的には特定の部位に関してある無駄毛が全部処理するような感じで処理すると思われます。

アンダーヘアも処理するとなればきれいに全部処理するようにも感じます。
ですが、アンダーヘア(Vライン)に関しては全部処理をするだけの種類しかないわけではなく、形をきれいに処理してくれることもできるのです。

具体的なメニューとしては、全部きれいに処理してくれるものもあれば、逆三角形やIスタイル、Uスタイル、

スクエアスタイル、たまごスタイルといった感じで形を形成してくれることもできるのです。

人気のアンダーヘアスタイルは?

一番人気のスタイルは、逆三角形のスタイルで、下着からはみ出内容にうまくやれる形であることと、自然な形であるために、利用がしやすい形ですのでよく選ばれています。

このような形にできるのは日本と海外のアンダーヘアの処理の違いであり、海外ではアンダーヘアを処理するのが当たり前になっているのですが、日本ではそういった慣習がなく、処理するとかえって変に見られます。

ですので、敢えてアンダーヘアの形を残しておく方法というのも人気になっているのであります。

アンダーヘアはいろいろな形で処理してくれますので、自分が気に入った形で処理を依頼してみるとよりきれいな形でアンダーヘアの脱毛ができて楽しめると思います。

脱毛サロンの勧誘を上手く断るポイント

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンの体験コースを利用すると、殆どのスタッフが勧誘して契約を勧めてきます。

なぜなら、勧誘によって当店に利用する人を増やすのが主な目的となるからです。

そのため、勧誘されることでスタッフの態度と店舗のスタッフのレベルを大方把握できます。

逆に、殆ど勧誘しない脱毛サロンの場合、新規のお客様を取り入れる気がない可能性があるので、やる気のないスタッフが多い店舗と認識されがちです。

脱毛サロンの勧誘を正しく断るために

また、自分に合った脱毛サロンを決めるために体験コースを受けるほど、より勧誘される可能性が高まります。

なので、脱毛サロンで勧誘されても相手のペースに乗せられて勢いで契約しないために、勧誘を上手く断るのが重要となります。

なぜなら、勧誘の断り方を知ることでスタッフが強気で出れなくなる方法を知れるからです。

ちなみに、脱毛サロンの体験コースを受けるほど、スタッフの勧誘の断り方を知る機会となります。

そのため、体験コースを受けるにつれて次第に脱毛サロンがどういった施設かを確認することができます。

その影響により、自分に合った店舗を探しやすくなるだけでなく、店舗の雰囲気を具体的に知ることができます。

なので、脱毛サロンの勧誘を上手く断るならば、自分に合った施術を施してくれるかどうかをはっきり伝えるのがポイントとなります。

なぜなら、自分に適した施術を施せるスタッフがいる店舗は、お客様の気持ちを考慮しつつ施術を施してくれるからです。

埋没毛ができる原因とレーザー脱毛での処理について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、毛が出てこれなくなるので皮膚の中で毛が成長する状態の毛となります。

なぜなら、無駄毛を処理する際に毛抜きや剃刀で肌を傷つけながら行うと、角質を削ることになるからです。

そのため、肌の表面を傷つけることになるので、毛が正常に外に出てこなくなります。

なので、肌を傷つけずに自己処理を施すと、埋没毛に困らされることなく無駄毛を処理することが可能となります。

けれども、自己処理に慣れないと肌を傷つけずに無駄毛を処理するのが困難とされます。

特に、自己処理に割く時間を短く設定する人が埋没毛に悩まされやすいです。

自己処理は肌を傷つけやすい

また、歳をとるにつれて肌が乾燥しやすくなるので、必然的に自己処理によって肌を傷つけやすくなる傾向にあります。

なので、埋没毛ができても処理方法として、クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

レーザー脱毛は、医療器具を使って埋没毛を肌の表面に出して、レーザーを肌に照射するので埋没毛を処理するのに適している方法となります。

さらに、レーザー脱毛は埋没毛を放置したままの状態であっても、毛嚢炎を治療することもできます。

他にも、色素沈着を治療することができるので、肌を綺麗にしながら埋没毛を処理するだけでなく、肌を綺麗にできます。

その上、レーザー脱毛は受ける回数が多くなるにつれて無駄毛が生えにくくなるので、自己処理を施す回数を減らすことに繋がります。

つまり、埋没毛はレーザー脱毛で処理することで誤った自己処理によって肌を傷つける恐れが無くなります。

産後の効果的なムダ毛処理の方法について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠中に胎児の体に女性ホルモンが行き渡る影響により、産後は男性ホルモンの割合が増します。

なので、妊娠中から産後はホルモンバランスが不安定な状態となるので、妊娠前より肌が敏感な状態となります。

そのため、産後は肌が痒みを伴いやすく外部からの刺激を受けやすいので、肌が乾燥しやすくなります。

よって、産後から日が浅いうちはムダ毛処理より赤ちゃんの面倒を見る時間を優先するのが、肌にとって安全となりやすいです。

なぜなら、自己処理によってムダ毛処理を施すと、肌に余計な刺激を与えることで肌のトラブルを招きやすいからです。

さらに、毛抜きや脱毛テープのような毛を抜く自己処理だと、皮膚の中に毛が残る可能性もなるので毛のトラブルに追われます。

ホルモンバランスが改善されてから処理しよう

産後してから時が経つとホルモンバランスが妊娠前と同じ状態となるので、ホルモンバランスが改善されてからムダ毛処理を行うのがお勧めになります。

なぜなら、ホルモンバランスが乱れてると肌の状態が正常でなくなるだけでなく、妊娠前と比べて濃いムダ毛が増えるからです。

その影響により、剃刀でムダ毛処理を行うと力の加減に悩まされる形となるので、剃刀負けや深剃りによって肌を大きく傷つけやすいです。

よって、産後に効果的なムダ毛処理を施す場合、ホルモンバランスが改善されてからムダ毛処理を行うことで、妊娠前みたいに自己処理を施すことが可能となります。